本体価格で表示しております。別途消費税が加算されます。

33件 あります   ページ(10件/頁) 1234

詳細はこちらです
北方新社 童話の食卓へようこそ
清水典子(文/写真)、福士るみ子(フード/コーディネイト)
2006年11月01日初版発行・185×182 変形版・83頁・ISBN 4-89297-102-2

誰もが知っている童話や昔話に登場する食卓風景と料理を、文章と写真で再現。食べることの大切さ、物語のメッセージを伝えたい・・・。 詳細はこちらでどうぞ!

1,300円+税     

詳細はこちらです
北方新社 いろは随想
芦野英子
2009年08月10日初版発行・A5変型判・146頁・ISBN978-4-89297-138-9

「いろは」から「ん」まで48文字を頭に書き起こす珠玉のエッセイ。縦横にくりだす」明晰でかつたおやかな文章が心地よい。 詳細はこちらでどうぞ!

1,300円+税     

詳細はこちらです
北方新社 皇帝の森 上巻
いずみ涼
2009年11月20日初版発行・四六判・656頁・ISBN978-4-89297-143-3

日清・日露戦争を経て、列強に伍していこうとする日本。いかなる縁か満州国皇帝の侍衛長となった津軽の英傑工藤忠の生涯と、歴史のうねりの中でそれぞれの役割を果たす幾多の人々を描く歴史大河小説。第6回県文芸賞受賞。上巻 詳細はこちらでどうぞ!

2,500円+税     

詳細はこちらです
北方新社 皇帝の森 下巻
いずみ涼
2009年11月20日初版発行・四六判・652頁・ISBN978-4-89297-144-0

日清・日露戦争を経て、列強に伍していこうとする日本。いかなる縁か満州国皇帝の侍衛長となった津軽の英傑工藤忠の生涯と、歴史のうねりの中でそれぞれの役割を果たす幾多の人々を描く歴史大河小説。第6回県文芸賞受賞。下巻 詳細はこちらでどうぞ!

2,500円+税     
小野印刷 独笑集 風のまにまに
小野泰次郎
2009年12月10日初版発行・A5変型版・164頁・ISBN978-4-89297-146-4

東奥日報連載で好評を博した警句・諧謔、摩訶不思議、どこから読んでも素敵なエッセイ。

1,300円+税     
北方新社 行ってみなけりゃわからない
長谷川美津子
2010年10月01日初版発行・四六判・216頁・ISBN978-4-89297-152-5

序文より エッセイスト・朝日カルチャーセンター講師 太田博 長谷川美津子さんは、あらゆる出来事に興味を持ち、自身が納得するまで探求する。少々の冒険もいとわない。気持ちが動いたら、直ちに実行に移す。海の内外を問わず出掛けて行く。誰であろうと探して当てて疑問をぶつける。人を鋭く観察する。その切り口もまた抜群におもしろい。 その積極性は、傍で見ていてハラハラするほど大胆で身軽だ。情熱が文字となり、文章となって紙面に躍る。ケレン味のない文章は、時として荒削りの印象を与えるが、この勢いこそが、長谷川さんのエッセイの最大の魅力であり、“武器”でもある。

1,600円+税     
北方新社 詩人たちの森 -ポエジーの輝き
藤田 晴央
2012年05月20日初版発行・A5判・350頁・ISBN978-4-89297-167-9

詩人としての仕事を積み重ねて来た著者が、現代詩への招待として贈る14人の詩論。清水氏曰く、「どこまでも詩をあたたかく読む姿勢で語られる、どこからでも何度でも読みたくなる」一冊。三好達治、清水哲男、清水昶、谷川俊太郎、辻征夫、川崎洋、池井昌樹、吉原幸子、茨木のり子、石垣りん、村次郎、寺山修司、小山正孝、宮沢賢治ら収録。 〈解説/清水哲男〉

2,300円+税     
北方新社 遺された花〈エッセイ集〉
追川信子
2012年12月20日初版発行・四六版上製・264頁・ISBN978-4-89297-183-9

「書くことで思い出が一層強く心に響く…」日々の暮らし、最愛の人との別れ、故郷への思い…十年ぶり二冊目のエッセイ。 著者は千葉在住。〈目次より〉春のうなぎ屋/渚ホテルの正月/台風の落し物/野分のあした/父の中のアメリカ/庭の記憶/ハワイへの旅/ナザレのいわし/ポルトガルの春/三陸の海は-東日本大震災 他

1,600円+税     

詳細はこちらです
北方新社 青森県ゆかりの文学Ⅱ
斎藤三千政
2013年01月15日初版発行・四六判・294頁・ISBN978-4-89297-187-7

2007年の「青森県ゆかりの文学」に続く第2弾。 三浦哲郎、立石勝規、太宰治、三浦雅士、鎌田慧、長部日出雄らの作品と鑑賞。また県内で出版された数々の文学作品を紹介する。 著者は弘前ペンクラブ会長、弘前医療福祉大学准教授。 詳細はこちらでどうぞ!

2,400円+税     
北方新社 花、猫、本で 理想 の生活
田子雅子
2013年06月30日初版発行・四六版・278頁・ISBN978-4-89297-191-4

10年ぶりの第二弾エッセイ集。夫と猫2匹と、花を育て本を読み、書く。海外生活、両親との思い出、猫への愛、日々の気づき…書くことで自分を見つめ、さらなる前へと-熟年パワー全開。

1,700円+税     
33件 あります   ページ(10件/頁) 1234
ページの先頭へ